金庫を買い替えしなくてもトラブルが解決~鍵交換で防犯性アップも可能~

頻繫に発生する鍵トラブル事例と対処法の解説 頻繫に発生する鍵トラブル事例と対処法の解説

買い替えを行なわずに金庫トラブルを解消する方法

金庫の鍵が壊れてしまった時などは、金庫の買い替えを行なうことが多いです。しかし、発生したトラブルの内容によっては、金庫の買い替えを行なわずにトラブルを解決できる場合があります。余計な支出を抑えるためにも、買い替えの必要がない対処法を理解しておきましょう。

買い替えを行なわずに解決できる鍵トラブル

  • 鍵やシリンダー、ダイヤル錠の不調や破損
  • 金庫のセキュリティ機能に対する不安
  • スペアキーの紛失や変形などの異常

金庫はパーツを交換することで長い間使い続けることができます

金庫の開閉に不具合を感じると、多くの人が金庫の買い替えを検討される傾向にあります。しかし、開閉の不具合の原因がシリンダーや鍵にある場合は、パーツ交換だけで修理が施せるのです。金庫の鍵トラブルを安く対処したい人は、金庫の買い替えではなくパーツ交換による修理がお勧めです。

鍵交換することでセキュリティ機能アップを図ることも可能です

ピッキング

空き巣被害は日々巧妙化しており、金庫のピッキング手段なども容易にできるようになっています。そのため古いタイプの金庫を使用されている方は、防犯性の強化のためにも最新式の鍵に交換した方が良いでしょう。交換を依頼する際は、こういった要望を伝えておくことで期待に沿った鍵を提案してもらえます。

スペアキーの再作成にも対応してもらうことができます

鍵を紛失した際でも、鍵穴の形状からスペアキーを複製することが可能です。そのため、金庫を買い替えるような心配もありません。

耐火金庫と防盗金庫の違い

一般家庭で使用されている金庫の多くは、耐火金庫です。そのため、火災などに見舞われた際でも、耐火金庫であれば収納品の安全が確保できるでしょう。しかし、これが防犯性となると、話が変わってしまいます。ここでは、耐火金庫と防盗金庫の違いについて解説いたします。

耐火金庫にはほとんど防犯性能が含まれていません

誤って理解されることが多いのですが、耐火金庫には最低限のセキュリティ機能しか装備されておりません。プロの窃盗団の手にかかると、いとも簡単に開錠されてしまいます。一方、防盗金庫はピッキングだけではなく、バールや電動工具を使用した破壊開錠にも強い構造となっています。もし、防犯性に長けた金庫を考えているのであれば、防盗金庫を選ぶようにしましょう。

TOPボタン