鍵交換のために知っておきたい金庫の鍵の種類と特徴

頻繫に発生する鍵トラブル事例と対処法の解説 頻繫に発生する鍵トラブル事例と対処法の解説

家庭用金庫に使われている鍵のタイプ

ダイヤル

金庫は、大事な書類や貴重品を保管するのに最適な効果を持っていますが、それぞれの金庫には違う特徴を持った鍵が使用されています。鍵交換に発展するようなトラブルが起こった際に、早急に対処するためにもそれぞれの違いを把握しておいた方がいいです。ここでは金庫に使用されている鍵の種類をみてみましょう。

一般的な金庫に使われている鍵の種類

ダイヤル式の鍵
金庫と聞いて真っ先にイメージする鍵がダイヤル式でしょう。古くから使われているダイヤル式の鍵は、アナログな作りではありますが耐久性に優れている特徴があります。暗証番号は、製造時で決まってしまっているものから、自分で設定の変更ができるものまで幅広く販売されています。
シリンダー式の鍵
シリンダー式は玄関の鍵などでも使用される、差し込み式の鍵になります。ダイヤル式同様にシンプルなアナログ構造です。しかし暗証番号などを覚える必要もなく、金庫の管理が簡単なので会社など、共有する金庫で頻繁に使われています。その反面、鍵の紛失といったトラブルが多い傾向にあります。
暗証番号タイプの鍵
現在一般家庭でも広く普及しているのが、暗証番号タイプの金庫でしょう。自分で暗証番号が設定できるので、番号を忘れてしまう心配もありません。暗証番号は4~10桁まで何万通りもの番号が設定できるため、防犯性にも優れています。
ICチップカード対応の鍵
まだ、一般家庭では普及が進んでおりませんが、次世代の金庫として注目されているのがICチップカードに対応した金庫です。近年ではスマートフォンのアプリと連動しているものや、Suicaといった定期カードと連動している金庫も登場しています。
指紋認証や顔認証を利用した鍵
最新機種の金庫として指紋や顔、声帯認証で開錠できる金庫もあります。重要なデータを取り扱う会社など使用されることが多く、一般家庭ではまだ浸透しておりません。防犯性・安全性の高さは金庫の中でも随一ですが、デジタル製品のため故障が起こりやすいリスクもあります。

鍵トラブルが発生した時の対処法~鍵交換や鍵開けで無事解決~

普段から慎重に金庫を扱っているつもりでも、ちょっとした不具合により開閉ができなくなってしまうケースがあります。貴重品を収納する大切な金庫だからこそ、トラブル時には落ち着いて行動する必要があります。金庫の種類によって異なる鍵トラブルの対処法を見てみましょう。

鍵開け業者が教える鍵トラブルの対処法

暗証番号を忘れてしまった場合はどう対処すれば良いですか?
ダイヤル式の暗証番号を失念してしまった場合、専門的な開錠方法を用いて鍵開けをすることがほとんどです。しかし、鍵の機構に不具合がある場合などは、破壊によって鍵開けをするケースもあります。その際は、業者さんとの相談の上で、新しいものに鍵交換することになります。
鍵が折れて抜けなくなった場合はどうすればいいですか?

鍵の中折れは、経年劣化によって起こりやすいトラブルの1つです。また、中で折れてしまった鍵を無理やり取り出そうとすると、鍵の機構をかえって傷付けてしまう恐れがあります。そのため、無理に修理しようとせずに、専門業者へ鍵開けの依頼を行なうようにしましょう。
鍵を紛失してしまった時の対処法を教えてください
豊富な経験を持つ専門業者であれば、簡単に鍵開けができるでしょう。鍵穴から合鍵を複製することも用意にできるので、新しい金庫を購入するような心配もありません。また、防犯性の面から合鍵作成でなく、新しいものに鍵交換をすることも可能です。
いずれにしても、スピーディーかつリーズナブルに金庫トラブルを対処するには、早急に専門業者を利用するのがベストです。

TOPボタン